救護施設 慈照園

社会福祉法人 遠州仏教積善会

053-452-3069

背景

慈照園からのお知らせ

今年度、ソフトボール大会が雨天中止となり、ソフトボールがやりたくてウズウズしていたスポーツクラブの皆さん。やっと11月16日、ソフトボール交流戦が聖隷厚生園讃栄寮を迎えて実現しました。
当日は風が強かったですが、秋の1日、楽しくソフトボールができました。
讃栄寮の皆さん、ありがとうございました。

ソフトボール01ソフトボール02ソフト06

本好きの利用者Aさんと本の話をしていて、「今度本の読書会をやろうよ」という話になりました。どんな本を読もうか、長いお話だと大変だから、絵本にしよう、と決まりました。
最初は知っている人が多い「泣いた赤鬼」にしました。
参加者:利用者8名、職員3名
人間と仲良くなりたい赤おにさんのため、わざと人間のところで暴れ、赤おにさんに追い払われることで赤おにさんの願いをかなえようとした青おにさん。
ある日、久しぶりに青おにさんのところへ訪ねていった赤おにさんが見たのは、「ぼくはたびにでます。赤おにさんが人間に疑われないように。赤おにさん元気で」という貼り紙でした…。
知っている方も多かったですが、青おにさんのほうに関心がある方もいました。青おにさんはどこへいったんだろう、赤おにさんと青おにさんはまた会えるのだろうか? それでは「その後の赤おにと青おに」を次回までに考えてきて話し合いましょう、ということになりました。

 

11月7日、浜北アリーナにて、浜松市救護施設親睦スポーツ大会が行われました。
天竜厚生会清風寮、聖隷厚生園讃栄寮、神ケ谷園、慈照園の4つの施設が集まり、楽しく交流を深めました。
今年は慈照園は準優勝となりました。皆さんお疲れさまでした。

スポーツ大会01

2019.12.31|地域交流

11月3日 鴨江北町公民館まつり

11月3日 鴨江北町公民館まつりが行われました。
公民館を中心に活動されているさまざまなサークルの方が作品を展示されたり、手芸教室や絵手紙教室をひらくなど、多くの方が来場され、楽しまれました。
慈照園も一角をお借りして慈照園の日々のくらしをご紹介させていただきました。 今後も地域の一員として、皆様との交流を大切にしていきます。

11月2日、地域の民生委員、ボランティア、利用者の家族・保護者様、評議員、理事・監事をお招きして、「慈照園感謝のつどい」を開催しました。
慈照園での利用者の日頃の様子を紹介した写真を展示し、茶道クラブがお客様に抹茶をお出ししたり、詩吟クラブが発表をしました。
懇談会では今年度の事業報告をし、ご意見を伺いました。
交流会では利用者、ボランティア、職員による慈照園バンドが「負けないで」を演奏し歌いました。
利用者お一人おひとりが自分の目標を話すとともに、皆さまへの感謝の気持ちを発表しました。
今後とも慈照園の運営にご援助のほどお願い申し上げます。

 

感謝のつどい01感謝のつどい03

感謝のつどい04

 

 

慈照園の暮らし

  • 慈光
  • 100年の歩み
  • お仕事募集中
  • 関連リンク集
©Jishoen all rights reserved

pagetop