救護施設 慈照園

社会福祉法人 遠州仏教積善会

053-452-3069

背景

慈照園からのお知らせ

2019.12.31|地域交流

12月15日 キャロリング慰問

 12月15日 末日聖徒キリスト教会の皆さんがキャロリング慰問にきてくださいました。
お子さんから大人の方まで、すばらしい歌声とハンドベル演奏を披露してくれました。 心が洗われる思いでした。

キャロリング01

2019.12.31|赤い羽根福祉基金助成事業

12月11日 第1回地域でくらすためのお役立ち講座

 12月11日、クリエート浜松51会議室で、第1回地域でくらすためのお役立ち講座 「ひとりでアパートでくらすために どこで どんな支援をうけられますか」を行いました。
これは、赤い羽根福祉基金の助成によるもので、救護施設や精神科病院などにいる方が、地域でひとりぐらしをするために どんな福祉サービスがあるのか、を知るための講座です。
救護施設2施設から23名が参加しました。
講師にプランセンターひくま 鈴木 美絵 さんをお迎えし、わかりやすく、楽しくお話ししていただきました。
参加したAさんは、「まだ施設にいる段階から受けられる福祉サービスがあることを知ってよかった」と話してくれました。
次回は2020年1月29日 第2回は「すまいの探し方」です。興味のある方、ご参加ください。

赤い羽根講座1211

 12月2日、就労支援事業所「くるみ作業所」の利用者2名と職員1名の方をお迎えして、障害者交流会を行いました。
くるみ作業所では、どんな作業をしているのか、紹介していただき、いっしょに「この人だれ?」ゲームなどを楽しみました。
くるみ作業所でつくっている紙すきによる年賀状のプレゼントをいただきました。 くるみ作業所の皆さん、ありがとうございました。

障害者交流会

 

11月21日 東海大学海洋博物館と登呂遺跡見学にいきました。
海洋博物館では様々な魚の生態を学習し、深い駿河湾の生態を知りました。
登呂遺跡では、弥生時代~大昔の人々の暮らしに触れて、火のおこしかたなどの説明をうけました。


ゼミ04ゼミ03

 前回、「泣いた赤おに」を読みましたが、その後、赤おに、青おにはどうなったのか、考えてみることにしました。参加者:利用者 名、職員3名
皆さん、ハッピーエンドをお求めで、やがてふたたび赤おにと青おには再会することに…。
なかには、自分が昔好きだった人のお話も飛び交い、お話に触発されて自分のことを皆さん話してくれました。

慈照園の暮らし

  • 慈光
  • 100年の歩み
  • お仕事募集中
  • 関連リンク集
©Jishoen all rights reserved

pagetop