救護施設 慈照園

社会福祉法人 遠州仏教積善会

053-452-3069

背景

慈照園からのお知らせ

818() 鴨江消防署署員のご指導のもと、心肺蘇生法とAEDの使用方法について

職員研修を行いました。ほとんどの職員が訓練の経験者ですが、定期的に訓練をすることは、いざという時、落ち着いて行動する為にとても大切なことであると感じました。

チームワークを生かし、互いに協力し合える体制をつくっておきたいものです。

 

心肺蘇生の訓練

 

2017.08.30|地域交流

8月5日 鴨江西町納涼まつり

8月5日(土)に鴨江西町納涼祭りに参加しました。

浴衣を着て踊りの先生と一緒に櫓(やぐら)を囲み楽しく盆踊りを披露しました。ゲーム大会が開催されていたり、地域の方がお店をやっていたり、たくさんの方で賑わっていました。佐鳴湖の花火も開催されていて、西の空に大きな花火が見ることが出来ました。利用者も足を止め、夏を感じていました。

 

 

2017.08.30|地域交流

7月30日 鴨江北町北町納涼祭

7月30日(日)鴨江北町の納涼祭に参加しました。

慈照園のブースは、ヨーヨー釣り・輪投げ・千本宝釣りなど、子ども達が大好きな

ものを集めました。

そして今年は、大人の方にも楽しんで頂けるように、大人用の景品として、『バームクーヘン』を用意!!大好評でした。

 

慈照園の利用者も、浴衣を着て、地域の方々と盆踊りを楽しみました。

輪投げ うまく入るかな?

 

ヨーヨー釣り

千本宝釣り

 

輪になって盆踊り

好天に恵まれた7月25日火曜日、多くの地域の方々や子どもさんに参加いただき、例年通り、慈照園 盆踊り大会が無事に開催されました。

はじめに、今年の盆踊りのスローガン選びで金賞に選ばれた山下さんが表彰されました。

「星空の 明かりの下で ひと踊り」           

山下さんは、はじめての表彰に「びっくりしたよ。うれしかった!」と笑顔で話してくれました。

盆踊りは「炭坑節」「東京音頭」「きよしのズンドコ節」「花笠音頭」の4曲を、練習から」参加してくださった伊藤一子先生と有志の皆さんのお導きの元、皆で輪になって楽しく踊りました。途中、お楽しみ抽選会、交歓会を行いました。最後にお子さんたちに花火を配り、真夏の一夜を楽しみました。

夏の風物詩として定着した行事ですが、地域の皆様の参加は、減少傾向にあります。開催日や内容など、地域の皆さんに愛される行事として定着できるように、工夫していきたいと感じました。

表彰される山下さん

 

みんなで輪になって踊りました

 

 

7月のアニマルセラピークラブは、メダカを育てるきっかけを作ってくれた山下さんに指導に来ていただきました。

この日は慈照園で育てているメダカを見てもらい、改善点を教えてもらいました。

アニマルセラピーのクラブに所属する利用者は、山下さんに色々な質問をしました。

慈照園の暮らし

  • 慈光
  • 100年の歩み
  • お仕事募集中
  • 関連リンク集
キーワード
救護施設 / 精神障害者 / 地域移行 / 自立生活 / 継続支援
©Jishoen all rights reserved

pagetop