救護施設 慈照園

社会福祉法人 遠州仏教積善会

053-452-3069

背景

慈照園からのお知らせ

 6月21日、22日 一泊ゼミナールで富岡製糸場と信州上田城に行ってきました。
世界遺産に 登録された富岡製糸場は、高品質な生糸の大量生産に貢献したそうです。明治初頭から使われていた建物・機械をボランティアガイドさんから学び、磯部さんは明治初頭の建築力に驚いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いい思い出になりました。

 

             

 信州上田城は、NHK大河ドラマ「真田丸」が放送中ということもあり、たくさんの観光客で賑わっていました。
2回もの猛攻を退けた東虎口櫓門の前で記念撮影。山下さんは「真田丸」ってどこにあるの?と聞いていましたが、それは大阪城内ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

記念撮影 パチリ

 7月31日、鴨江北町納涼祭が行なわれました。
 ちょうど一週間前に慈照園盆踊り大会が開催されたばかりでしたが、お天気にも恵まれて二週続けて楽しい時間を過ごすことができました。
 当日の慈照園出店ブースは、鴨江北町自治会や子ども会の方々と同じように、場所をお借りして地域の子ども向けのコーナーを設置しました。お店はヨーヨー釣り、宝釣り、スーパーボールすくい、将棋コーナーという内容でした。
 今年も大勢の方に楽しんでいただき、中でもスーパーボールが好評で途中で追加分の買い物に出かけたほどでした。将棋コーナーでは、慈照園の利用者さんにも協力してもらい小学生棋士と対戦をしました。思ったより将棋を打つお子さんがいて、それもなかなかの腕前でびっくりしました。
 締めくくりの盆踊りは、皆で楽しく参加できました。日頃から交流させていただいている鴨江北町の皆さんには本当にお世話になっています。ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供たちでにぎわっていました。

 

 

 

6月1日、昼食時にバイキングパーティーが行われました。メニューは主食のちらし寿司、パン、アメリカンドック、主菜のチキンソテー、ローストビーフ、エビフライ、副菜の野菜ソテー、生野菜、新じゃが、フルーツがさくらんぼ・パインなどです。
このなかから自分の食べたいものをトレイにのせてオリジナルプレートをつくります。食後にはデザートのケーキとコーヒーがつきました。
たくさんの種類のなかから自分で食べるものをバランスよく選ぶのは意外にたいへんなことですが、それもまた楽しいひとときです。
「バラエティにとんでいてよかった」「バイキングは春夏秋冬やってほしい」「量や種類をもう少し自由に選びたい」などの声が寄せられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バイキングパーティ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

迷っちゃうなあ~

 6月21日、利用者18名、職員5名で浜名湖ロイヤルホテルの大衆演劇公演の観劇にいきました。
観劇に先立って、園内で職員による発表を行いました。お題は「遠州の風土と気質」「働く喜び」「生活を豊かに」「浜名湖の魅力」。
その後、浜名湖ロイヤルホテルに移動。テーブルマナー向上のための食事会を行いました。 松花堂弁当をおいしくいただきました。
そして午後1時から「都若丸劇団(みやこわかまるげきだん)」によるお芝居と舞踊ショーを見ました。コアなファンが大勢いらして、熱気あふれるショーでした。

職員の発表

職員の発表

テーブルマナー

テーブルマナー

 

 6月10日 浜松市救護施設親睦スポーツ大会が浜北グリーンアリーナで行われました。
毎年恒例の大会で、市内5つの救護施設が集まり、ボール送り、輪投げ、グランドゴルフ、お玉でピンポン、紙飛行機とばし、リレーが行われました。競技は、障害がある、なしに関わらずみんなが楽しめる内容になっています。親睦競技としてパン食い競争や玉入れも行われました。どの競技も白熱した接戦で「がんばれー」「フレーフレー慈照園!」という声援が響きました。
 結果は総合で準優勝! ボール送りとリレーはぶっちぎりの1位となり、優勝まであと少しの差でした。
 5月からずっと練習してきた成果がでて、みんなの笑顔が見られました。

1位になったリレーメンバー

1位になったリレーメンバー

 

慈照園の暮らし

  • 慈光
  • 100年の歩み
  • お仕事募集中
  • 関連リンク集
キーワード
救護施設 / 精神障害者 / 地域移行 / 自立生活 / 継続支援
©Jishoen all rights reserved

pagetop