救護施設 慈照園

社会福祉法人 遠州仏教積善会

053-452-3069

背景

慈照園からのお知らせ

 6月10日 浜松市救護施設親睦スポーツ大会が浜北グリーンアリーナで行われました。
毎年恒例の大会で、市内5つの救護施設が集まり、ボール送り、輪投げ、グランドゴルフ、お玉でピンポン、紙飛行機とばし、リレーが行われました。競技は、障害がある、なしに関わらずみんなが楽しめる内容になっています。親睦競技としてパン食い競争や玉入れも行われました。どの競技も白熱した接戦で「がんばれー」「フレーフレー慈照園!」という声援が響きました。
 結果は総合で準優勝! ボール送りとリレーはぶっちぎりの1位となり、優勝まであと少しの差でした。
 5月からずっと練習してきた成果がでて、みんなの笑顔が見られました。

1位になったリレーメンバー

1位になったリレーメンバー

 

 6月1日、毎年恒例のクリーン作戦を実施しました。当日はうす曇りで風のある絶好の天候となりました。
クリーン作戦とは、慈照園利用者・職員による地域の清掃活動のことです。清掃場所は根上がり松の公園、拘置所前広場、愛恵保育園の畑、三組町広場、園内の5か所です。
利用者・職員70名ほどがグループごとに分かれ、竹ぼうきや熊手を持って、草取りと落ち葉掃きに気持ちのいい汗を流しました。
全部でゴミ袋37袋分の枯葉や草があつまりました。皆さん、お疲れさまでした。園に帰ってからのジュースがおいしく感じられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月28日(土)、近くの浜松市立西小学校の運動会にお招きいただいて、利用者10名、職員2名で応援にうかがいました。
 組体操やリレー競技などに児童の皆さんが一生懸命取り組んでいるのを見て、みんな数十年前の自分の姿が浮かんできたようです。「なつかしかったね」「楽しかったね」とたくさん笑顔になりました。

1464657464057

5月4日、5日 浜松まつり 市内にぎわいイベントを見学しました。
浜松まつりは、凧上げや屋台だけでなく、アクトシティや浜松駅周辺で、様々なイベントが行われます。その催しものを見学にいきました。
遠鉄百貨店新館と本館のあいだの空間「ソラモ」では、静岡新聞社が写真をとって記事をつくってくれます。

shibun
ザザシティ前広場では大道芸人が多彩な演技で喝采を浴びていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年(平成28年)5月3、4日 浜松まつりで、地域の鴨江北町の屋台引き回しに参加させていただきました。
 3日は利用者5名、デイサービス利用者2名、職員2名、4日は利用者4名、職員2名で参加しました。日が落ちて暗くなった市内を、屋台の提灯の灯りがとてもきれいに浮かび上がっていました。
お祭りに先立って、4月24日には、子どもたちのおはやし連が30名も慈照園にきておはやしを披露してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
浜松では3月末にお祭りの会所開きがあって、そこからあちこちで笛やラッパの練習の音がにぎやかに聞こえます。ああ、今年もお祭りがはじまるな、と季節を感じることができます。
3日は町内コースで慈照園の前を屋台が通りました。今年もみんなで声をかけ、屋台に手を振り、お祭りの興奮を味わうことができました。
4日は市内中央からの引き回しで、たくさんの屋台が連なり、夜空を明るく照らし、かけ声に合わせて地域の皆さんといっしょに綱を引かせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

慈照園の暮らし

  • 慈光
  • 100年の歩み
  • お仕事募集中
  • 関連リンク集
キーワード
救護施設 / 精神障害者 / 地域移行 / 自立生活 / 継続支援
©Jishoen all rights reserved

pagetop